人気ブログランキング |
ブログトップ

comfortable DAYs

新潟在住 自宅サロンのこと、大好きなアロマのこと、日々の暮らし


by なちゅらる
プロフィールを見る
更新通知を受け取る

快適な健康診断を受けてきました

先日、健康診断をしてきました

採血をしたり、身長体重を測ったり、胃の検査で初のバリウム検査もしました

検査機関は自分で選んで決めたのですが

女性専用フロアで、丁寧でやさしいスタッフの方々の誘導があるので

スムーズだし、辛くないし、あっという間に終了

初めてのバリウム検査も苦痛なく終わりました

ここにしてよかった~♪

あとは検査結果を待つだけです(少々ドキドキ)


それで思い出したことがありました

数年前、私はMRI検査をしました
その際、突然恐怖感を感じて検査を一時中断
検査を止めさせたという申し訳ない気持ち(でも怖い)
技師さんや看護師さんに迷惑をかけている申し訳ない気持ち(でも怖い)
次の予約の方がいたら悪いという気持ち
心臓はバクバク、汗はボタボタ

なんとか、なんとか自分を落ち着けて検査再開(もう大丈夫でした)

しかーし、数日後「CTも撮りましょうね」という医師の言葉に固まる私
(撮らないということはできますか?と言ったら、できませんと言われました)

そうしたら看護師さんが
CTの機械をみせてあげますよ!どんなものか解れば怖さも減るわよ
とCTの窓口へ連れて行ってくれました

窓口で看護師さんが技師さんに見学させて、と交渉しています
すると
技師さんが私をチラっとみました
「はあ?こわい?CTが?怖い?」
「意味わかんない」という感じで私を見ながら首をかしげる

「この人なに言ってんの?」というオーラ出しまくりで
私を呼びCTルームに通す
「これがCTです。以上ですが。ほかに何か?」

私「えぇっと、ここに私が寝て、これが動いて撮影するのですね」
技師さん「・・・・(首をかしげながら)それがCTです。ほかに何か?」

私「MRI検査の時にご迷惑をかけたので、CTの機械をみせていただいたら怖く
ないことがよくわかりました。CT検査は恐怖心なくできます。
清潔な部屋にこのような理由で入らせていただき
ありがとうございました。ご面倒をおかけいたしました。」
と退室しました

しかーし、技師さんはプリップリしながら部屋の電気をバチバチっと消し
プリップリのまま窓口の椅子に腰かけ、私をシカトしていました

大病院の技師さんなのにね
性格のわるーい私は”どうしてくれようあの技師さん”
やり返したかったけど
やめました
反面教師にすることにしました

私は医療従事者
私が歯科衛生士として常に心にしていること

~患者さんに寄り添う~

私にとって平気なルーティンでも
患者さんは毎回「えっ?今なにするの?これ何?」と初めての感覚なのだ
そう思いながら、日々患者さんに接するよう心がけています


それと比べると、CTの技師さんはCTに慣れているから
”怖い”という感覚は持ち合わせていないのでしょうね
(でも、その技師さん、歯科治療は怖がりだったりして)


あらためて、医療従事者として、歯科衛生士として
~患者さんに寄り添う~
という気持ちを強く持つきっかけとなりました


見学をさせていただいたおかげで
私はCT撮影では誰も困らせずに撮影できました!
(その日、あの技師さんはいませんでした チッ←根に持っている)


先日の健康診断での技師さんは

とーっても優しく、丁寧で、笑顔で

あぁあの大病院の技師さんとは大違いだわ

そんなことを思い出しながら

初のバリウムを飲んだり

技師さんの指示に従って台の上を動いたり、息をとめたり

気分良く検査を受けておりました~





ブログをご覧くださりありがとうございます♫

私のサロンで笑顔が増やせますように☆

快適な健康診断を受けてきました_c0369433_15353106.jpg



元祖英国式リフレクソロジー
自宅サロンcomfortable


元祖英国式リフレクソロジーは「イタ気持ちイイ」がポイントです
日々のココロとカラダの疲れを、私のサロンでいやしませんか?

スマホ用H.Pはこちら

PC用H.Pは↓
http://eri-comfortable.net


ホットペッパービューティー予約はコチラ



タグ:
by outisalon | 2016-07-12 07:03 | 歯科衛生士